« 『テルマエ・ロマエ』地上波放送でした | トップページ | Festival de Cannes 2013 »

2013年5月 8日 (水)

プレミアムステージ『シンベリン』

DVD出るのを心待ちにしていたら、まさかのTV放送。
しかもまさかのインタビュー付き!ありがとうN◯K\(^o^)/


実は鳳蘭さまのマントさばきがものすごく見たかったvv

Cocolog_oekaki_2013_05_08_17_47

ぅわさっ!!!ていうのが。。さすがカッコイーーo(*^▽^*)o
何といっても衣装がゆっくり見られるのが嬉しいねぇ


マッシュルームヘア〜のクロートン
やばい〜愛らしい〜(n‘∀‘)η

Cocolog_oekaki_2013_05_08_19_25

キツネしょってるww
シンベリン王はイタチ?テン?狸??
お妃は。。。。。なんだろ??

このセリフひとつでクロートンのキャラが分かってしまうってスゴイな



Cocolog_oekaki_2013_05_08_21_00

「愛の手かせです!」
「これを誰よりも美しい囚人の腕にはめます」

などと歯の浮く様なセリフ(ノ∀`)三昧
でも昔のドラマで結構言ってたような気がするのですよ。。?
翻訳劇でもないから赤面した覚えが。。


つづく。。。

|

« 『テルマエ・ロマエ』地上波放送でした | トップページ | Festival de Cannes 2013 »

コメント

はじめまして!テルマエからあべちゃんにハマってしまい(遅すぎ)こちらのブログに遭遇することができて、とても喜んでいる新参者!?です。イラスト、素敵すぎです♪瓜二つでユーモアがあってマンガチックで大好きです(^^♪
阿部氏にはまってから・・片っ端から映画&ドラマを見まくり・・益々あべちゃんLOVINGなみかんです。
容姿とは正反対の三枚目的なおとぼけ感がいいですよね(^^♪
トリックの上田教授やアットホームダッドの山村さんの三枚目!?役も好きだけど。。みかんは
自虐の詩の葉山さんや白い春の春男くんのような見た目、強面でぶっきらぼう、でも本心は優しさで溢れてるあべちゃんが大好きです(#^.^#)
今度は舞台で生あべちゃんに会いたいで~す。。

これからもブログ楽しみにしているので・・阿部情報、よろしくお願いしま~す

投稿: みかん | 2013年5月 9日 (木) 14時40分

ひろぽんさん、こんにちは。
ホント、まさかTV放映してくれるとは!
嬉しい限りです。この舞台2回観る事が
出来ましたが、公演毎に微妙な違いが
あり、「ライブ」の楽しさを味わう事が出来ました。
また、近いうちに舞台、やって欲しいもんです。(勿論、」地方公演付の!)
話題は変わりますが・・

来年公開の映画。
前作よりスケールも大きくなって期待が持てますが・・
昨日のイベント時でのコメントに??
それって「PR」するところですかぁ!?。。。みたいな
ここ最近、イベント時は「笑い」を取りに行かなきゃ・・とお考えでしょうか!?(苦笑)

投稿: まさやん | 2013年5月11日 (土) 13時44分

>みかんさん
初めまして〜書き込みありがとうございます!
ルシウス役はまた一つの阿部ワールドの入り口を作った感じなのでしょうかv
イサオさん春男くんの男気溢れるキャラクターも良いですねvv
私はトリックと熱海殺人事件からなんですが三枚目役もどんどん進化していって
飽きる事なく楽しませてもらっています( ^ω^ )
舞台はホント面白いので、みかんさんに是非是非見てもらいたいです!
情報にはあまり詳しくないのですが、なるべくお伝え出来る様頑張りますね
直近だと14日のBSプレミアムでの映画『青い鳥』でしょうか。。

投稿: ひろぽん | 2013年5月12日 (日) 01時20分

>まさやんさん
レス遅くなりまして。。。最近寝落ちが激しくてたまりません(^^;)
ホント舞台は生もので。その時にしか出会えないのが面白いですね。。
阿部氏も舞台は大きく成長出来る場として考えているみたいなので
オファーがあれば即出てくれると思いますが。。
「PR」するところ。。調子こいて脱いでます。。ですか??
その場の雰囲気でのリップサービスだと思いますよ
まぁでも実際殆ど裸だから嘘じゃないですよね(笑)

投稿: ひろぽん | 2013年5月15日 (水) 02時33分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/532718/57337360

この記事へのトラックバック一覧です: プレミアムステージ『シンベリン』:

« 『テルマエ・ロマエ』地上波放送でした | トップページ | Festival de Cannes 2013 »