« 加賀恭一郎・再び | トップページ | 坂の上の雲・第六回『日英同盟』 »

2010年12月 5日 (日)

龍馬伝・最終話

Ryu_tamashii






































あぁ終った。。。。見るの辛かったです。。
近江屋で中岡と語らう所も良かったのだが
(刺客が)いつ来るのか。いつ来るのか。。とハラハラ。。血圧上がるよbearing
冒頭の様になってたら今頃日本もまた違っていたんだろうか





Cocolog_oekaki_2010_12_05_01_46

弥太郎の究極ツンデレ。。。。泣きましたcrying
ここに凝縮されてる気がする

また子規でも泣かされる事だろう。。

良かった間に合った。。さぁ『坂の上の雲』だcloud

|

« 加賀恭一郎・再び | トップページ | 坂の上の雲・第六回『日英同盟』 »

コメント

ひろぽんさん、皆さんこんばんは。

「龍馬伝」こんなに毎週大河ドラマを熱心に見る事はもう
ないんじゃないか・・・という位、真面目に見ていました。
終わってしまってとても寂しいですweep
寺田屋の近所に住んでいたのに龍馬についての知識は皆無で
(「新撰組!」も見ておらず司馬先生の「竜馬がゆく」も未読)
何もかも新鮮で・・・。

最終回、龍馬の美しさと格好良さ、そして弥太郎のツンデレ
が炸裂しまくっていましたね。
エンドロールの明治時代の弥太郎の「龍馬sign01」5連発とツンデレ
の叫びに涙が止まりませんでしたcrying
(地上波では襲撃シーンでテロップが入ったのでBSでも見たの
 ですが、やっぱり同じシーンで涙が・・・weep

「大切な~」シーンは確か後ろ姿のみだったと思うのですが、正面
から弥太郎の泣き顔を描いて下さってありがとうございます。
自分にとっても、国にとっても・・・という意味だったのでしょうねweep

冒頭のシーンは龍馬が行く「天国」なのかな、と思いました。

子規はいよいよ来週・・・また泣きそうな予感・・・sweat01sweat01

長々と失礼しましたdown

投稿: しお | 2010年12月 5日 (日) 23時17分

毎回毎回がクライマックスsign01という感じでした。。
それで途中は少々(自分に)疲れが出ましたが
癒してくれたのは弥太郎でした。。香川氏恐るべし。。
そんな弥太郎を前から描こうと思ったけれど眠すぎて力尽きました。
弥太郎ごめん。。
子規にもまたまた泣かされましたよ。。crying

投稿: ひろぽん | 2010年12月16日 (木) 00時23分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/532718/50212978

この記事へのトラックバック一覧です: 龍馬伝・最終話:

« 加賀恭一郎・再び | トップページ | 坂の上の雲・第六回『日英同盟』 »